信州湯田中「あぶらや燈千」

信州湯田中温泉に「あぶらや燈千」という温泉旅館があります。この名前は、江戸時代に誕生した油問屋の名前に由来します。この油問屋の「あぶらや燈千」が、歳月を重ねるなかで、信州湯田中の湯をたたえた湯屋、そして湯宿へと姿を変えながら数多くの旅人を迎えてきた歴史のある湯宿です。

あぶらや燈千は露天風呂や岩温浴、大浴場などの充実した設備があり、日常から離れて癒しの時間を過ごすための工夫が随所にみられます。客室には、落ち着いたしつらえの露天風呂があり、遠くの山々を見ながらのんびりと過ごすことができます。

また、信楽焼の浴槽の「酔月の湯」は、家族などで利用できるプライベート露天風呂となっています。さらに展望露天風呂の「夢路の湯」と「夢見の湯」は、湯田中の街の灯りが幻想的に浮かび上がる景色を眺めながらの入浴ができます。また、新しくオープンした個室岩温浴は、体の中をすっきりさせるデトックス効果があります。

そして、ひと汗かいた後は、地物の食材を活かした信州会席料理で美味、美酒を楽しむことができます。